あじかんについて

あじかんのあゆみ

1962年(昭和37年)
10月8日
広島市南区西蟹屋にて、 創業者足利政春が三栄製玉として個人創業
1965年(昭和40年)
3月19日
資本金100万円にて株式会社三栄製玉設立
1966年(昭和41年)
8月
松山営業所開設
1967年(昭和42年)
2月
3月25日
製販分離
資本金を200万円に増資
1968年(昭和43年)
6月11日
資本金を400万円に増資
のれん分けで、別府に(株)サンエー食品設立
1969年(昭和44年)
2月
12月
回転式出し巻機開発
武田製玉を吸収合併
のれん分けで、福山に(株)福山三栄製玉設立
1970年(昭和45年)
1月6日
2月20日
9月18日
 -
商号を株式会社広島製玉に変更
資本金を800万円に増資
徳山営業所開設
出し巻機開発
1971年(昭和46年)
3月
10月
松山営業所を廃し、現地法人(株)三栄製玉設立
広島県中小企業近代化資金の導入を図る(自動玉子焼機購入資金とする)
1972年(昭和47年)
2月
6月29日
7月
新居浜営業所開設
資本金を1,600万円に増資
北九州営業所開設
1973年(昭和48年)
5月1日
6月
8月8日
株式会社三栄商事設立
呉営業所開設
広島グランドホテル内に鮨グランドもりや開設
1974年(昭和49年)
10月10日
広島そごうデパート内にそごう寿し開設
1975年(昭和50年)
3月28日
5月1日
6月8日
6月28日
東部市場店開設
広島市に食品容器工場開設
本社社屋改装
徳山営業所を廃し、現地法人(株)三栄食品販売を設立
1976年(昭和51年)
4月2日
11月
そごう地下「鮨政所」開設
2つ目の折箱工場設置
1977年(昭和52年)
4月1日
10月
資本金を3,200万円に増資
米子営業所開設
1978年(昭和53年)
2月28日
2月28日
3月21日
3月22日
6月29日


6月
6月
6月
7月
7月31日
7月31日
11月21日
福山市の三栄製玉を吸収合併
資本金を3,600万円に増資
資本金を7,200万円に増資
商号を株式会社あじかんに変更
本社広島工場を広島市西区商工センター(現地)へ新築移転
同時に旧本社を広島東営業所とし、新たに広島西営業所開設
厚焼全自動ライン、連続玉子焼機導入
研究室設立
宇和島営業所開設
岡山営業所開設
(株)三栄製玉(松山)、(株)三栄食品販売(徳山)、(株)サンエー食品(大分)と合併
資本金を8,005万円に増資
本社移転登記完了
1979年(昭和54年)
7月7日
9月1日

10月8日
仕入業者による「三栄会」発足
大阪中小企業投資育成(株)より3,000万円出資をうけ、資本金を1億1,005万円に増資
福岡営業所開設
1980年(昭和55年)
10月8日
高松営業所開設
1982年(昭和57年)
2月18日
3月1日
9月8日
10月1日
10月1日
鳥取営業所開設
資本金を1億6,500万円に増資
姫路営業所開設
鳥栖工場新築
鳥栖営業所開設
1984年(昭和59年)
8月15日
9月8日
9月17日
「厚焼玉子の製造方法」特許登録(初の登録特許)
熊本営業所開設
広島市中央卸売市場内に市場営業所開設
1985年(昭和60年)
6月8日
10月5日
10月18日
徳島営業所開設
資本金を2億5,500万円に増資
資本金を2億5,750万円に増資
1986年(昭和61年)
4月23日
10月18日
11月20日
12月25日
社名「あじかん」の商標登録成立
鹿児島営業所開設
資本金を3億1,125万円に増資
資本金を3億2,100万円に増資
1987年(昭和62年)
7月30日
9月30日
10月5日
資本金を3億4,925万円に増資
(株)てんぐに資本参加
長崎営業所開設
1988年(昭和63年)
3月8日
3月18日
(株)てんぐ名古屋営業所オープン
山口営業所開設
1989年(平成元年)
6月8日
7月1日
大阪営業所開設
(株)てんぐ→(株)東京あじかんへ社名変更
1990年(平成2年)
1月1日
2月14日
4月1日
12月6日
12月6日
守谷工場(茨城県)を(株)東京あじかんより譲り受け
資本金を6億3,675万円に増資
名古屋営業所を(株)東京あじかんより譲り受け
広島証券取引所へ株式上場
資本金を11億225万円に増資
1991年(平成3年)
9月11日
守谷新工場竣工
1992年(平成4年)
4月1日
5月13日
5月15日
(株)東京あじかんを吸収合併、東京営業所となる
中国に合弁会社「青州青安食品有限公司」を設立
籠谷新工場完成
1993年(平成5年)
4月
4月
5月15日
仙台出張所が営業所として東京営業所より独立
市場営業所を(株)ダイマル食品とする
守谷工場、水海道食品衛生協会より食品優良施設の表彰を受ける
1994年(平成6年)
1月
4月1日
4月25日
10月
連続玉子焼装置開発
社外誌「膳-ZEN」第1号創刊
(株)政所リーガロイヤルホテル店オープン
広島工場に連続玉子焼焼成機(CTP2号機)の導入
1995年(平成7年)
6月1日
(株)ダイマル食品を子会社とする
1996年(平成8年)
5月18日
8月28日
12月6日
宮崎営業所開設
高知営業所開設
大阪証券取引所2部上場
1997年(平成9年)
2月8日
4月18日
神戸営業所開設
横浜営業所開設
1998年(平成10年)
4月1日
4月1日
静岡工場竣工稼動
静岡営業所開設
1999年(平成11年)
7月1日
10月1日
北関東営業所(現、埼玉営業所)開設
(株)大口屋を吸収合併
2000年(平成12年)
1月1日
3月1日
8月1日
8月9日
ISO9001認証取得活動を開始
東京証券取引所2部上場
単位株式の変更(1,000株→500株)
株式40万株の売り出し(売出価格1株=739円)
2001年(平成13年)
1月9日

2月21日
4月6日
4月28日
7月23日
100%独資企業「山東安吉丸食品有限公司」設立を公表
ISO9001認証取得(生産部門)
HACCP承認(静岡工場・魚肉練り製品)
柏営業所開設
日本食糧新聞社主催「業務用加工食品ヒット賞」受賞(厚焼玉子)
2002年(平成14年)
2月23日

5月28日
6月1日
9月30日
10月1日
10月28日
山東安吉丸食品有限公司本生産開始(当初の生産品目は味付干瓢)
大阪新営業所新築移転
青州青安食品有限公司が当社100%子会社となる
(株)ダイマル食品を吸収合併
(株)ダイマル食品の合併を受け、市場出張所を開設
埼玉営業所開設(北関東営業所を移転し、名称変更)
2003年(平成15年)
5月21日

10月1日
12月9日
山東安吉丸食品有限公司と青州青安食品有限公司が合併
松山生必(株)を吸収合併
ISO14001認証取得(本社・研究開発センター・国内4工場)
2004年(平成16年)
1月6日
3月20日
4月1日

7月1日
7月1日
7月15日
11月30日
次期基幹システム構築プロジェクト『AMIS』発足
鳥栖・守谷・静岡工場にX線探知機導入
6/27を『ちらし寿司の日』として日本記念日協会へ登録
西多摩営業所開設
相模原営業所開設
青島駐在事務所開設
子会社の(株)政所を解散
2005年(平成17年)
5月23日
8月24日
中国に合弁会社「愛康食品(青島)有限公司」を設立
鳥栖工場が「対米輸出用かに風味蒲鉾」製造における
「HACCP」認定工場として承認
2006年(平成18年)
9月16日
愛康食品開業式を開催
2008年(平成20年)
2月18日
ISO「品質環境基本方針」を制定
2009年(平成21年)
12月9日
ISO9001:2008/ISO14001:2004の認証登録更新完了(認証対象:本社、工場)
2010年(平成22年)
4月1日
5月27日
5月30日
12月15日
代表取締役社長交代
当社製品が「iTQi 優秀味覚賞 2つ星」を受賞
当社製品が「モンドセレクション(銀賞)」を受賞
ごぼう茶通信販売開始
2011年(平成23年)
1月31日

2月17日
4月15日
12月1日
年4回の節分を「巻寿司の日」として日本記念日協会へ登録
方針説明会にてあじかんグループ長期ビジョン「あじかんV20」発表
山東安吉丸 青島分公司を設立
創業50周年メッセージ・ロゴ制定
2012年(平成24年)
3月20日
4月3日

10月1日
10月8日
ごぼうのひみつシリーズ(市販用)発売
100%出資の農業事業子会社『(株)あじかんアグリファーム』を設立
単元株式数の変更(500株→100株)
創業50周年
2013年(平成25年)
5月1日
9月2日
札幌駐在所を開設
味堪香港有限公司を設立
2014年(平成26年)
5月5日
味堪(広州)餐飲管理有限公司を設立
2016年(平成28年)
4月1日
4月1日
5月26日

9月16日
12月8日
沖縄駐在所開設
新潟駐在所開設
広東省広州市にアンテナショップ「巻楽 Ahjikan Roll」をオープン
FSSC22000認証取得
千葉営業所開設
2017年(平成29年)
4月1日
4月1日
11月16日
代表取締役社長交代
金沢駐在所開設
つくば工場竣工稼働