夏号の特集「緑茶の夏」を拝見しました。お茶も種類によって、効用がずいぶん異なることと、温度によって、おいしさが十分に発揮できることをあらためて感じました。
(高知県大方町 掛水雅子様)

夏号特集では、反響のおハガキをたくさん頂戴しました。お茶が広く飲まれるようになって数百年。長い長い時の流れの中で、体に良いことや、美味しく味わう方法が綿々と語り継がれてきたのですから、本当に奥深い飲み物です。あまりに身近すぎて普段は意識しませんが、折に触れてそんなお茶の文化を振り返り、もっともっと飲む機会を増やしていただきたいと思います。

初めて『膳』を読みました。内容がとっても濃くて、いざ困った時、また料理のヒントとして、絶対ファイルしておきたい冊子です。表紙の写真も夏らしくて涼しくて、おいしそう!また読みたいです。
(徳島県小松島市 広田好利恵様)

ありがとうございます。「ファイルしておきたい」とのお言葉は、私ども作る側への最大の誉め言葉です。今以上にお役に立てる情報、ご満足いただける情報をお届けしようと、新たな意欲が湧いてまいります。これからもぜひ、『膳』にご期待ください。

 
梅雨明けを待って京都へ行ってきました。長梅雨のおかげで暑さもさほどではなく、緑がとてもきれいでした。町家造りの旅館へ片泊まりし、離れの縁側に座って中庭を眺めていると、とても落ち着いた気持ちになり、いろんな思いが巡ってきます。(K)

昨今の健康食品ブームで玄米の名前をよく耳にします。私は、一日一回白飯を食べないと気がすまないほどの白飯好きですが、玄米もアレンジしだいではいろんな食べ方があることを知り、これを機会に玄米食を取り入れてみようかと考えています。(S)
今号の『膳』いかがでしたか?どうぞお気軽にご感想、ご要望などをお寄せください。
<宛先>
〒733-8677
広島市西区商工センター七丁目3番9号
(株)あじかん 人事総務グループ
   Eメールアドレス kikaku@ahjikan.co.jp

Copyright (C) 2002 AHJIKAN CO., LTD.