ホーム > あじかんの総合品質 > 生産力
あじかんの総合品質
開発力 管理力 生産力 機動力
つくば工場の稼働によって、全国に5つの自社工場と、協力工場。
これに中国の合弁会社を加えた生産拠点網が整備され、
均質な製品を安定してお届けする量産体制が増強されました。
あじかんブランドの製品はもとより、お客さまのご要望による限定商品の生産にも充分にお応えできるキャパを確保しています。また、独自の製造ラインの開発もさらに強化。
あじかんの量産体制を支えてきたのは、まさにこの機械開発力です。広島工場の稼働に合わせて開発したオーブン式連続厚焼焼成機をはじめ、手焼き風の玉子焼が1時間に約1400本製造できるプレート式連続玉子焼焼成装置や、従来の重ね焼きに比べて約2 倍の生産能力を誇るドラム式連続玉子焼焼成装置も あじかん独自の新技術。つねに業界をリードする技術力とシステム化で、 メーカーの責任である安定供給を実現しています。
Map
本社工場として昭和53年に稼働。それまでの多人数手作業の生産方式から、機械化による大量生産方式への転換を実現した、最初の近代的食品工場です。
 
主要生産品目 玉子焼・味付品
主な供給エリア 中国・四国地区
Map
九州エリアへの安全供給と、新製品生産の拠点として昭和57年に稼働。静岡工場の稼働前は、全国のかに風味蒲鉾の生産工場としてフル稼働していました。
 
主要生産品目 玉子焼・かに風味蒲鉾・おぼろ
主な供給エリア 九州・中国・四国地区
Map
東日本への進出をかけた生産拠点として平成3年に稼働。プレート式連続玉子焼焼成装置を最初に導入し、生産能力を2倍に増強することに成功しました。
 
主要生産品目 玉子焼
主な供給エリア 北海道・東北・関東・東海・中京地区
Map
安全管理の国際基準になるといわれているHACCP認定レベルの設備を搭載し、工場トータルのFA(生産工程の自動化・機械化)を構築した最新鋭の食品工場。東日本エリアをカバーする生産拠点として、平成10年に稼動しました。
主要生産品目 玉子焼・かに風味蒲鉾・おぼろ
主な供給エリア 関東・東海・中京地区
Map
玉子焼類や焙煎ごぼう茶の生産能力増強を図るため、平成29年に稼働しました。新たな技術を取り入れた生産設備の導入や、指静脈認証システムを利用した入退室管理によるセキュリティの強化を実現した最新鋭の食品工場です。
主要生産品目 鶏卵加工品、野菜加工品、ごぼう茶
主な供給エリア 北海道・東北・関東・中京地区
Map
関西エリアの玉子焼を生産する協力工場。あじかんが独自に定めた外注の品質管理規定に基づいて、自社工場と同様の品質管理を行っています。
主要生産品目 玉子焼
主な供給エリア 近畿・中部地区
(当社出資比率100%)
干瓢他味付製品の加工工場として平成14年2月に稼動。日本国内へ供給しています。
主要生産品目 味付干瓢・椎茸他味付品
主な供給エリア 日本国内
(当社出資比率50%)
中国企業との合併会社として平成18年9月に稼働。
主要生産品目 水産加工品を中心とした寿司用食材
主な供給エリア 日本国内
あじかんについてあじかんの総合品質商品について採用情報IR・株式情報